[ カフェから時代は創られる ] 著:飯田美樹

[ カフェから時代は創られる ] 著:飯田美樹

残り1点

¥1,980 税込

送料についてはこちら

あれやこれやと、悩みが尽きないなら   ──カフェに行くことさ! (ペーター・アルテンブルグ) 20世紀初頭、パリ。カフェは、異端者たちの避難所だった。 政治、文学、哲学、絵画、あらゆる領域で、それまでの枠組みに収まらない、新しい感性をたぎらせる者たち。ただしそうした時代を先取りした「異端者」たちへの、社会からの風当たりもまた強かった。そんな彼らが希求した場こそパリのカフェだった。 ピカソ、ヘミングウェイ、アンドレ・サルモン、モディリアーニ、藤田嗣治、マン・レイ、サルトル、ボーヴォワール……。 1人、また1人、カフェへとたどり着く、まだ「何者でもない」者たち。彼らは、カフェというゆりかごで同志やライヴァルと出会い、刺激し合い、切磋琢磨し、少しずつ自らの力量を超えることで、時代を切り拓く存在となっていった。 「天才は規則的に現れず、集団として現れることは古代から知られている現象である──シルバーノ・アリエティ『創造力』」 時代に力ある<場>が生まれたとき、それは才能を受け止め、育む孵化器となる。後に生きる我々は、「なぜあれだけの偉大な人物たちがこぞってみな、あの時代、あの場所に集っていたのだろうか」と考えるが、むしろ逆に、そこに力ある<場>があったからこそ、そこに集った人々が、それぞれ後に名を知られるくらいの偉大な人物へと育っていったとも考えられるのだ。 20世紀前半のパリのカフェはまさにそれだった。 本書は、「天才」たちの残した自伝的記録を中心に、カフェとそこに集った人々の相互作用の記録を丹念かつ克明にたどり、力ある<場>がどのようにして生まれ、変遷し、いかに人、文化、時代を創っていったか、その過程を明らかにするものである。ただしそれは「100年前に起こった出来事」であるだけではない。自由な<場>が、自由な発想を持つ者と出会い、そこで絶妙な相互作用を起こしたときに、途方もない創造を顕現させることがあるのだと、その可能性を未来へと語るものでもある。 カフェをつくる者、カフェに通う者、カフェを愛するすべての者たちへ、100年前のパリから贈られるメッセージ。 「カフェから時代は創られる」のだと、混迷する現代に、一筋の光明を示す一冊。 <作品情報> 著者    飯田美樹 装幀    atelier yamaguchi(山口桂子、山口吉郎) 印刷    藤原印刷 表紙加工  東洋FPP株式会社 製本    加藤製本株式会社 判型     四六版変形 416 ページ ISBN    978-4-99075835-6 *本書は、2008年にいなほ書房から限定部数で発刊された『caféから時代は創られる』の増補改訂版となります。 <著者プロフィール> 飯田美樹(いいだ・みき) ----- カフェ文化研究科、パブリック・ライフ研究家 パリに留学し、1日3回カフェに通う。パリのカフェには芸術家が集っただけでなく、フランス革命とも関係していたと知り、社会変革の場とカフェという興味が一致し、研究を開始。 帰国後、大学院に通い、「天才たちがカフェに集ったのではなく、カフェという場が天才を育てたのでは」という視点で研究を進め、2008年に『caféから時代は創られる』(いなほ書房)を発刊。 かつてのカフェのように世界の先端の知に出会い、議論し、つながれる場として“World News Café”を主催。 Paris-Bistro.com日本版代表 東京大学情報学環 特任助教 https://www.la-terrasse-de-cafe.com 以上、クルミド出版HPより